自宅・マンションの一室でのサロン開業を支援します

4/25更新掲載総数122件

マンションサロンドットコムのミッション

自宅サロン可賃貸物件ミッション

大家さんに許可を取らずにサロンを開業するリスク

ひとつ、自宅サロン・マンションサロンを開業している(しようとしている)皆様に質問があります。

『今、営業している(しようとしている)サロンは、大家さんからサロンの営業許可を取っていますか?』

もしかすると、『マンションの一室でサロンを営業するときに、大家さんに営業の許可を取る必要なんてない』と思っている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

大家さんの許可を取らなければ自宅サロン・マンションサロンは営業してはいけません。

住居用で借りたマンションでサロンを開業してしまうということは、『契約違反』になります。

中には『大家さんにサロンの営業の許可を取らなければならないのは知っているが、

バレなければ大丈夫だろう』と、営業をしてしまっている方もいるかもしれません。

正直にお話してしまうと、そのような自宅サロンのオーナー様が多いということが現状です。

しかしながら、そのようなオーナー様のお話を聞いていると皆様堂々と営業をできないので、とても肩身の狭い思いをされています。

それでは、なぜ住居用で借りたマンションを事務所やお店として使用してはいけないのでしょうか?

『借りたマンションの一室は"暮らす"用途以外で使用してはいけない』

つまり、『事務所やお店として利用してはいけませんよ』という決まりがあるのです。

なぜそんな決まりがあるのか。

想像がつくものもあると思いますが、いくつか例を挙げてみましょう。

課税対象か、非課税か

そもそも、住居用と営利目的の物件の契約ではその内容に違いが出てくるのです。

住居用の物件では家賃や共益費が課税対象にはなりません。家賃と共益費にかかる税金を支払う必要がないということです。

しかしながら、事務所やお店など営利目的で使用する場合の契約では家賃・共益費ともに課税対象となります。

つまり、もし住居用でマンションを借りたにも関わらず、実際には事務所やお店として使用してしまった場合には、家賃や共益費にかかる消費税を『脱税』することになってしまいます。

他の住民からのクレームが起きやすい

大家さんが最も恐れていることは『自分のマンションに入居者がいなくなってしまうこと』です。

大家さんは入居者の方が収入源なので、その収入源が無くなってしまうと当然ですが困ってしまいます。会社に例えると、売上が無くなってしまうということなので深刻さが理解できるでしょう。

つまり、他の住人の方からの苦情=退去されてしまう可能性があることは大家さんからすると最も避けたいことだと予想がつくと思います。

事務所やお店となると、不特定多数の人間が出入りすることになります。

まず、セキュリティの面で住人の方から苦情が出てしまう可能性があります。

住人ではない人間が毎日何人も自分の住んでいるマンションに出入りするのは、喜ばしいものではないでしょう。

また、『音』も苦情のもとになります。毎日何人も出入りすることになると、ドアの開け閉めの回数が自然と多くなります。部屋の中での物音も増えることになるでしょう。

お店をやっている本人は自覚がないかもしれませんが、毎日『住居』として生活している方からすると、そのような音などに敏感で気になってしまう方も多いでしょう。

大家さんが許可をしている場合は住民の方もわかった上で住んでいるので、クレームは起きにくいでしょう。しかしながら、無許可の営業の場合は住民の方も納得がいかずに苦情が出てしまう可能性が高くなります。

インターネット上でも、実際に『隣の部屋でエステ店を勝手にやられて迷惑しています。大家さんに苦情を入れました!』などの投稿も多くあるという現状です。

やっとの思いで開業した自宅サロンを、そのような形で移転などしなくてはならなくなったら気持ちとしてはもちろん、費用的にも大きな痛手となってしまうのでそれは避けたいことでしょう。

私たちも、お客様の健康的な生活や癒しを提供するサロンオーナー様にはそのようなことには決してなってもらいたくないのです。合法なお仕事にも関わらず、ビクビク営業しているなんてもったいないと思います。お客様の為にも、もっと堂々と営業してもらいたいです。

何度もお話させてもらっているように、大家さんからの許可をもらっていれば何に遠慮することもなく堂々と営業することができます。

もちろん、音をたてることは控えるなど限度は守ってもらいたいですが・・

その方が、関わる皆様にとって最良なことではないでしょうか?

一番は自分自身が堂々とお店を営業できることで、大家さんにも他の住民の方にも隠れずに営業ができて、HPに住所を載せて安心感を演出したり(自宅を兼ねている方は載せたくないと思いますが)ということもできるようになります。大家さんも営業を許可しているので、応援してくれるでしょう。

ぜひ、自宅サロン・マンションサロンのオーナー様自身はもちろん、大家さんやお客様のためにもサロン開業の許可の取れるマンションで開業してもらいたいと願っています。

我々のミッションは、

【 サロン開業の大家承諾が取れる物件とサロン経営したい人を一人でも多く繋げる 】

というものです。


エステ・ネイル・まつげ・リラクゼーション・整体・パーソナルジム・マイクロジム・プライベートジム・ヨガスタジオなど、

これからも、自宅サロン・マンションサロンを真面目に経営されたい方のお手伝いを全力で行っていきます。