自宅・マンションの一室でのサロン開業を支援します

8/14更新掲載総数122件

自宅サロン・マンションサロン集客の成功ポイント

こちらのページでは「自宅サロン・マンションサロンを開業したい」という方のために、 集客のヒントをまとめております。 「誰に対して」「どんな手段を使って」「どんなスケジュールで」など、OPENする前にしっかり計画を立てることが成功の秘訣です。

そのためのアイデアのヒントに、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。


DCバナー(マンションサロン)


前提として


自宅サロン・マンションサロンの集客は大きく以下の3つに分けられます。

・事前準備
・新規顧客の獲得
・リピーターの獲得

なんとなくで集まるほど、集客は簡単なものではないです。
細かく計画を立て、行動を仕組み化し、常に実行・検証・改善を繰り返していくことで、
自分なりの成功法則を確立していくものです。

事前準備

ここでは、 自宅サロン・マンションサロン集客の事前準備のチェック項目をまとめました。
それぞれの項目について明確にしていくことで、具体的に何をするべきかが見えてきます。
ぜひ参考にしてみてください。


ターゲットとエリアを絞る

どんな方に一番来て欲しいのか?

・女性なのか男性なのか?
・女性だとしたら、OLなのか主婦なのか?
・年齢層は?
・どれくらいの収入がある方なのか?
・・・


いろいろなマーケティングの本でも書かれていますが、

「だれでも良いは、誰も来ない」

理想の顧客のイメージを一人に絞る。
さらに言うと、「知り合いの●●さんに来て欲しいな」 というレベルで絞る。
これが大事なポイントです。

あるサロンさんは、
「定期的に通えるサロンは家から近いほうがよい」
というコンセプトをもとに、

ターゲットを「半径3㎞以内にお住まいの30代~50代の女性」
この層に絞り集客を心がけています。

ターゲットが決まればやり方も決まります。

・同じマンション内の家にチラシを配る
・近くの商店街にチラシを置いてもらう
・HPでも、同じ地域の方に刺さる文章を使う


など。

集客の第一歩としてまずはターゲットを絞ることから始まります。


どの集客ツールを使うか決め、それぞれの使い分けを明確にする


ターゲットが決まったら、次は集客のツール(手段)を把握しましょう。
集客のツールは以下の表にまとめました。

チラシ 自分で作成するのか外注するのか決める。配る目標値を決めて印刷部数を決める。
看板 大家さんに看板を置けるか確認。可能であればドアやポストにも貼れるものを用意。
名刺 交流会やイベントに参加した時の貴重な販促ツール。サロンのウリを数行でまとめる。
HP どこに制作を頼むかによって費用が大きく違う。できればサロン業界専門の業者がベスト。
ブログ はじめはアメブロがオススメ。記事の更新・読者申請を習慣にし、コツコツアクセスアップを。
SNS facebook・ツイッターのアカウントを作成。個人のアカウントを使うほうが信頼度がアップするのでオススメ。
セミナー 美容セミナーではお客さま候補を。サロン開業セミナーでは横のつながりを。
広告 軌道に載るまではお金をかけないことがベスト。新聞折込み、美容ポータル、アドワーズ広告、facebook広告など。

「できることはすべてやる」

もちろんこれが理想です。しかし、時間もお金も限られている中それは難しい。
だからこそ、それぞれの特徴や効果を理解した上で、

まずは何から手をつけるか

この優先順位をつけることが大事になってきます。

例えば、

近くに住んでいる方だけをターゲットにするとなると、
まずはチラシを作成し、
同じマンションの住人に配る。商店街に置いてもらう。
看板を置けるなら人目がつくところに置く。

特殊な技術や希少価値が高いサービスを提供できる場合、
遠方からも集客が見込めます。その場合はまずブログとHPをつくって
地方の方にもアクセスできるようにするのが優先になります。

「届けたい人に一番届きやすいツールを選ぶ」

判断をしっかりしていきましょう。

ツールの運用の仕方、コンテンツや頻度を仕組み化する


集客は一過性ではなく、継続的にやっていける仕組みをつくる必要があります。
人間は、面倒くさがりで怠け者な生き物です。気合だけでは継続できません。
なので、「何を?どのように?いつ?」を事前にしっかり決めておくことがポイントです。

例えばブログを例にすると、

■やるべきこと
・ブログサービスのアカウント取得
・タイトルの決定
・ヘッダー画像の作成
・背景画像の作成
・記事の作成

など

■検討項目
・週に何日記事を書くか
・1記事は何文字で書くか
・写真は何枚載せるか
・どんなキーワードでSEO対策をするか
・ブログから問い合わせまでの流れはどのようなフローにするのか
・記事のカテゴリーはどんな分け方にするのか

など

これを、それぞれいつまでに完了させるのか?

こういった細かいスケジュールを立てておくことが、
先々慌てないために必要不可欠です。

新規顧客の獲得


新規のお客さまを獲得するには、

1.存在を知ってもらう
2.興味を持ってもらう
3.価値を理解してもらう
4.行動を起こしてもらう


この段階を踏んでいく必要があります


1.存在を知ってもらう
どんなに美味しいラーメン屋でも、その存在を知ってもらうことが
できなかったら、当然来店してもらうことはできません。


質の高いサービスを提案するの当然として、
その上で「知ってもらう努力」をしていきましょう。

HPやブログをつくってだけでは意味がないです。
看板をただ置いただけでは人が来ません。

HPやブログを知ってもらうために、
更新頻度を高くする。SEO対策をかける、広告を出す、
メールの署名にURLを載せる、名刺にURLを書くなど。

看板も、デザインに凝ったり、置く場所を変えて検証したり、
看板と一緒にチラシを置いたり、
ほんの小さな工夫でも、それが積み重なり集客につながります。


2.興味を持ってもらう
3.価値を理解してもらう

知ってもらえるようになっても、
サロンの良さが伝わっていなかったり、他社と差別が化できていないと
興味を持ってもらえません。

自宅サロン・マンションサロンをつくる一番土台の部分なので、
最初の段階で決まっているべきことですが、
HPやチラシのキャッチコピーにしっかり込められるかが大事になってきます。

「他のサロンではなく、あなたのサロンに行かなきゃいけない理由」
「他社には負けないあなただけのサロンのウリ」

特に個人サロンの場合は、価格以外の部分で、
この2つが明確になっているお店は成功する確立が高くなります。


4.行動を起こしてもらう
1~3まで階段を登って来てくれたお客さまに対して、
スムーズに行動につながるような動線をつくる必要があります。

ブログやHPなら、お問い合わせボタンを目立つところに載せる。
安心してお問い合わせできるように、電話可能時間を載せる、
ボタンの隣にスタッフの顔写真を載せる。など、
少しでも不安を小さくできるような工夫を取り入れましょう。

お問い合せいただいたお客様に対してはシンプルに、

スピードと丁寧さ

この2点に気をつけて、相手の立場に立った対応ができれば、
初回の来店までつなげることができます。

意外に陥りやすいのが、お問い合わせが来たことに安心してしまい、
メールの返信まで1日置いてしまったり、電話対応で配慮が欠けたりしてしまうことです。

リピーターになる可能性も見据え、
どんな場面でもおもてなしの精神を忘れずに対応していきたいです。

リピーター獲得


リピーターを獲得することが、長くサロン営業を続けるポイントなのは、
言うまでもありません。

ではどうすれば、一度来たお客さまに、
「また来たい」と思ってもらえるのでしょうか?

工夫をしたいポイントは、

1.カウンセリングの際のコミュニケーション
2.価格設定
3.メニュー構成


「しっかりとした技術」「居心地の良い店内づくり」
など土台の部分がしっかりあるという前提でお話します。

1.カウンセリングの際のコミュニケーション
カウンセリングは、
ただ、問診票を書いてもらい、それ通りに施術メニューを選択する。
というだけでは、本当の満足は感じてもらえません。
体質や肌質を理解し、お客さまが求める理想を把握し、
原因と解決方法を、プロの知識をもとに提案をするということが、
本来のカウンセリングです。

根本的な改善をするには、数回の施術だけでは難しいことを理解し、
例えば3ヶ月通えば求める結果が得られる、その後は予防のためにも、
継続的に通ってもらう必要があることを納得してもらった上で
中長期的なプランを提案できれば、それだけでリピート率はグンとアップします。


2.料金設定
まず料金設定ですが、
単価は1万円以内で、かつ2回目以降10~20%オフにして通いやすい
価格に設定するとリピーターを生みやすいです。
(もちろん客層や施術内容によって異なります)

施術自体の単価はなるべく抑え、
固定客に対して、物販をオススメしていければ、
そこから単価を上げることもできます。


3.メニュー構成
メニュー構成は、大きく2つ、

ずっと変わらない基本的なコースと、
お客さまが求めるものによって組み合わせができるメニュー

この2つにプラスして、季節ごとに変えるメニューや期間限定のメニューを
取り入れると、リピーターに飽きさせないことにつながります。

まとめ


ここまで、自宅サロン・マンションサロンについて、
いろいろな観点でお話してきましたが、各部分で工夫をすることが大事ですが、
その上でいかに「仕組みをつくるか」この意識を持っていただきたいです。

「スタッフを雇ったときに、同じようにやってもらえる」

こう考えていくと、例えばそれぞれの集客タスクをやる時間帯や曜日を決めたり、集客の行動計画表を作成したり、
学校の授業のように、「その時間が来たらやらざるを得ない」くらいに決めてしまえば、あとが楽になります。

そして、集客について日々学び続けることも大事なポイントです。
当サイトのコンテンツにも、 自宅サロン・マンションサロンを実際に開業されているオーナーさんや
コンサルタントの方のブログをまとめたページもございますので、 ぜひ参考にしてみてください。

・自宅サロンお役立ちリンク集【サロン開業ブログ】

集客は正直大変です。途中で心が折れてしまう方がほとんどです。
でもだからこそ、続けることができれば、試行錯誤を継続していければ、必ず結果がついてくるはずです。




DCバナー(マンションサロン)





【サロン開業 関連ページ】
・「自宅サロン開業へのヒント」ブログ
・自分に向いているサロンの店舗形態は?
・自宅サロン開業までのチェック項目
・自宅サロン集客の成功ポイント
・自宅サロン開業お役立ちリンク集
・大家さんに許可を取らずにサロンを開業するリスク
・自宅サロン開業までに必要なこと
・お金をかけないサロン内装のヒント
・自宅サロン開業よくある質問
・サロンオーナーのための在宅でできる副業
・サロン用語辞典