自宅・マンションの一室でのサロン開業を支援します

8/14更新掲載総数123件

マンションサロン開業へのヒント

自宅サロン物件を借りるエリアはどうやって決めればいいですか?

いつもありがとうございます!
サロンができる賃貸物件をご紹介する、
マンションサロン.comの小川です!


「サロン物件を借りるエリアはどうやって決めればいいですか?」


20140806jpg


お客さまがまず悩むのが、
どこのエリアでサロンを開業させようかということです。

渋谷がいいのか、新宿がいいのか、
もっとローカルなエリアにしようか。。


住居としての引っ越しですと、
職場に近いから、自分が住みたいエリアだから。
といったシンプルな軸で決めることができますが、
サロン開業の物件選びでは、もう少し複雑な要素がからんできます。


なので、実際に弊社にお問い合わせくださるお客さまが
どんな軸でエリアを決めていくのか、整理したいと思います。
(自宅とは別にマンションを借りて開業のケース)


メインで来て欲しいお客さまがいそうか
40~50代の主婦の女性なのか、
20~30代のOLの女性なのか
はたまた、30~50代のサラリーマン男性なのか。
エリアによって、そこにいる層はぜんぜん違います。


自宅から通いやすいか
お客さまが増えれば、週に5日以上、もしくは毎日出勤するというパターンも出てきます。
「乗り継ぎが多い」、「そもそも時間がかかる」
というのは避けたいですよね。


家賃の相場が予算ないか
恵比寿や代官山、表参道などの地価が高いエリアは家賃の相場も上がります。
地価が高いエリアがサロンの人気エリアでもあります。
ただ、個人サロンの場合、何百人、何千人と集客する必要がないので、
ローカルな駅も十分に成り立ちます。予算をきっちり決めてその範囲内で考えましょう。


「サロンぽさ」があるエリアか
この項目は抽象的ですが、実はお客さまが重視される部分なんです。
なんとなく、マダムが多そうだから「自由が丘」がいいな。
なんとなく、サロンの需要がありそうだから「恵比寿」がいいな、など。
もちろんしっかりリサーチをして根拠を確かめるべきですが、このなんとなくは、
お客さまの中で大きな決定要因です。



他にもお客さまによっては、

「風水的に、、、」
「思い入れがあるエリアだから、、、」
「共同で経営する仲間の都合で、、、」

など特別な判断軸がある場合もあります。


基本的な部分+自分が個別に大事にしたい条件


ここを明確にすると、出店するべきエリアが見えてきます。


1人ですべてを明確にするのは難しいです。
だからこそ、その希望を明確にする部分からご相談に乗らせていただきたいです。
ただ物件を紹介するだけでなく、
理想をクリアにしていく、これも僕たちの大きな役割の一つです。






サロンができる賃貸物件ご紹介

マンションサロン.com
小川 敬司(おがわ たかし)
————————-

【サロン賃貸物件探しはこちらから】
http://www.mansionsalon.com/search/


【マッサージの次は、「ストレッチ」のブームが来ています。】
日本で唯一!ストレッチ専門店を探せるポータルサイト、はじめました。
■STRETCHnavi ストレッチナビ
http://www.stretchnavi.com/

 



【よく読まれている記事】

・物件選びをスムーズにするための秘訣


・マンションサロ.comの強みとは?


・集客の仕組みをつくることが、自宅サロンの継続につながります。
 まずはHPとブログからスタートしましょう


・まつ毛エクステ、アイリスト、増えてます。